旬 を喰う(マグロ)

今回は、マグロを紹介したいと、思います。

マグロは、サバ科マグロ属に分類される硬骨魚類の総称で、                                    マグロとして、流通しているものは7種類あります。 

本マグロ(クロマグロ)、  大西洋クロマグロ(西クロマグロ)、
南マグロ(インドマグロ)、 メバチマグロ、 キハダマグロ、                              

ビンチョウマグロ、 コシナガです。

マグロは、疲労回復、肝臓サポート、ストレス、イライラや、                              

生活習慣病、痛風予防に、効果的です。   

調べてみてマグロに、このような効果がいっぱいあって、                                 

びっくりしました。

それでは、マグロを食べて健康維持に努めたいと思います。

みなさんも、是非食べて下さい。

DSC_0322.JPG

     (本マグロの赤身とキハダマグロの切落とし)

鮭の山漬け

私が家でよく食べる魚のうちの1つが鮭です。

焼き魚はもちろん、毎日作っているおにぎりの具によくしています。

鮭は身にも皮にもたくさんの栄養が含まれています。

ビタミンに鉄分、たんぱく質と多くの栄養を効率よく、摂取できるので、健康体をつくる上で欠かせない食材のうちの1つだと思います。

何より鮭は毎日食べても飽きないのが不思議~

ここ最近、「鮭の山漬け」をいただき、はじめてそのものの存在を知りました。

鮭の山漬けとは、冷凍技術が発達していなかった頃、保存食として使われていた北海道の伝統的な製法。

内臓を取り出し、お腹に塩を詰めた鮭を、塩と交互に挟む形で脱水、熟成させます。上下を入れ替えながら数日かけて塩漬けにします。

このように非常にコストと手間がかかるため、北海道の高級食材として貴重な品物です。

京都に住んでいるとなかなかお目にかかれない。。

有り難く、シンプルな焼鮭にしていただきましたが、脂がのっていてとても美味しい 皮まで美味しくて最後まで堪能させていただきました。

少ししょっぱいかな?と思っていましたが、塩加減も丁度良くご飯が進みました~

お茶漬けにして食べるのもいいかもです

初秋の岩手へ

9月のことになりますが岩手へ行ってきました。

・遠野まつりで郷土芸能を堪能すること

・東日本大震災の被災地を観光して、復興支援のお手伝いをすること

この2つが大きな目的でした。

初日は津波の被害も大きかった三陸方面をめぐりました。

釜石市で昼食と散策を済ませ、三陸鉄道南リアス線に乗車しました。

まだ震災の傷跡も残ってはいましたが、復興は着実に前へ進んでいるように感じました。

三陸の皆さま、これからも応援しています!

IMG_5117.JPG宮城のさんま、おいしいですよね。大船渡市・盛駅にて。

次の日は民話の郷・遠野市で遠野まつりを見て回りました。

しし踊りをはじめ様々な郷土芸能が一堂に会して見応え充分でした。

神秘的で荘厳ながら、どこかユーモラスで素朴な舞いはとても印象的でした。

IMG_E5758.JPGしし踊り。1日中みていても飽きません。遠野市にて。

岩手は遠くともまた訪れたいと強く思わせてくれる素晴らしいところでした。

アムロス

先月の9月16日、とうとう安室ちゃんが引退・・・

この一年、コンサートにグッズ購入と毎日がイベントで楽しかったなぁ

やっぱり、アムロス・・・な毎日です。

抽選で当たったアイシャドーが、オフィシャルからの最後のプレゼントになりました

使えません

25年間ありがとう

image1.jpeg

大掃除

少し前になりますが社内の大掃除がありました

全員で行う大掃除

綺麗にみえてもほこりって溜まるんですね~ (本当にびっくり)

掃除した後は爽快感ハンパないです

自分の家もこれくらい気合い入れてやってみたいものです