「営業部」の記事一覧

いざ広島へ・・・・・・・

 

10月も終わりになり大分と寒くなってきましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか

体調崩さぬよう気を付けてくださいね

 

ということで前ふりも終わったという事で本題に入りましょう

 

10月の連休を使ってちょこっと広島まで行ってまいりました

何をしに行ったかと言いますと・・・・・・・・


酒祭り

 

はい、色々な地域の日本酒が集まるというイベントです

 

毎年開催されているんですが、休みが合わなかったので

中々行くことが出来なかったんです

 

でも今年は休みだったので行ってきたと言うわけです

 

」で

 

はい車です、お酒を飲む祭りに車で行くという男前な行動です

 

まぁ私は、お酒飲まないので何の問題もありませんがね

正直な話をすると只の運転手です・・・・お酒に何の興味もないのに・・)

午前11時頃には到着していたんですが周辺駐車場はすでに満車。

お酒のイベントなのにもかかわらず・・・・・

皆さんも飲酒運転したらだめですよ

 

というわけで会場をみるとすでにすごい人・・・・・

 

 

 

とりあえず酒蔵に行ってみようとなったので、

人波をかきわけて進むと前方に見えてまいりました

「白牡丹酒造」

正直私は全然わからないお酒です

 



この酒蔵では濁り酒が試飲無料でした

大体6件くらい酒蔵があるんですが、小さいカップで1杯

100円~大吟醸で300円といったお安い価格です

もちろん無料のモノもありますよ

 

 



列に並んでいるとこんな感じでカップにそそいでくれます。



 

無料試飲なので量はこんな感じになりますが、

お金を払うお酒に関しては溢れるまで注がれます。

もし行かれる場合は受けマス持っていくといいですよ

でないと・・・・・手が日本酒にまみれます・・・・・・

 

 



 

もちろん飲んだお酒は購入することもできます。

写真撮るの忘れましたが、酒のつまみもばっちり販売されてます。

焼きガキやモツ煮・焼き鳥等色々な種類の食べ物

各酒蔵や近辺で販売されているので、

まず空腹になる事はありません。

 


 



なんかクリスタルなマスでタワー作ってライトアップされてたり

酒蔵毎にいろいろな展示もしてありました





今回紹介したのは一つの酒蔵だけでしたが、会場周辺には

6つくらいの酒蔵があり、1つの酒蔵で3~4種類の

日本酒や梅酒が用意されています

全部の酒蔵の写真撮れなかったのが残念です・・・・・

すべての酒蔵は行ったんです、行ったんですが・・・・・・・

私を含め家族4人で行ったんですがまわってる間に

3人が完全に出来上がってしまいました

 

全部まわった頃にはベロベロでしたよ・・・・・

(帰りの車は物凄く静かでしたけど・・・・・・・)

 

来年も10月の連休に開催されますが、行ってみようと

思う方は、飲酒運転だけはしないようにしてくださいね

 

あと、まったく飲まない人いた方がいいです

(泥酔しても介抱してくれます)

 

飲まない人も十分に楽しめるので

ぜひ来年参加してみて下さい






 

夏から秋へ・・・

今年の夏はホントに暑かったですね~

私は冷たいデザートについつい手が伸びる毎日でした

 

そんな中、今年ハマったのがコレ

 

友達からもらったマールブランシュのアイス

とにかく濃厚

お気に入りは抹茶イチゴでした

 

で、最近はチョット過ごしやすくなってきたな~って思ったら

やってきましたサンマの季節

初セリでは驚きの値段でとても買えない高級魚でしたが

やっと値段も落ち着いて大衆魚らしくなってきました

 

 

旬のお魚は安くて美味しい

是非、美味しいこの時期にたくさん食べて下さいね

 

先日、市場内の展示会にて良さそうな商品が・・・

 

サンマの蒲焼

チョット濃い目の味付けですがご飯が進みます

 

 

また、早くも冬に向けての商材も・・・

 

  

 

  

 

 

お客様にとって見やすい売り場を作って

喜ばれる商品を並べられるように努力していきたいと思います

 

今が旬

小鮎

 

5月から8月くらいまでが盛期となっていて今が旬の魚です。

琵琶湖の鮎は大きくなっても10センチくらいしかならず

小鮎と呼ばれています。料理は大きさによりますが

天ぷら・佃煮などが一般的な料理方法です。

 

わかさぎ

11月下旬から1月くらいまでが盛期となっていて

今の時期はあまり見る機会がないです。

この時期のわかさぎは小さめで

見た目は小鮎と見間違えるくらいです。

小鮎と同じく天ぷら・佃煮が一般的です。

 

今の時期のしか食べれない小鮎なので

まだ食べてない人は見かけたら買って食べて下さい

疲労回復!!

疲労回復するには、カツオをたべる!!のがオススメです。

高速で泳ぎっぱなしのカツオは、疲れ知らずのタフな魚です。

(寝ている時も、泳いでいます。よく方向間違えないですよね。スゴイ!!)

カツオに含まれる【アンセリン】という成分が、疲れを軽減する効果があると考えられています。

だから、ずっと泳ぎ続けられるのです。

(疲れを知らないというのは、うらやましいですが、動き続けるのは・・・)

 

このブログを書いている今、モッチリ食感で脂がのったカツオが多く水揚げされています。

夏バテには、ちょっと早いですが、今のカツオは、オススメです。

カツオタタキで食べてもらうのもオススメ!!

なぜ、焼くの?

カツオによく寄生虫がついています。(おいしい魚には、よく寄生虫が付いています。)

表面をサッと焼くことで寄生虫を殺して生食できるようになる?

また、鮮度落ちするのが早いため、表面を焼いて旨味を閉じ込めるため?

説は、いろいろあります。

 

で、最後に言いたいのは、今のカツオは、美味しい上、健康にも良いので、

近所のお魚屋さんへ急いで下さい。

もうそろそろ

 夏の京都には欠かせない「旬」の魚といえば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 そうです「鱧」

 

 

 何故京都で鱧を食べる文化が発達したかというのは

生命力の強い魚である為、輸送技術が発達していなかった時代でも

大阪湾や明石海峡でとれたハモを夏に内陸の京都まで生きたまま

輸送できたからだと云われています。

 

 

 鱧は「梅雨の水を飲んで旨くなる」と云われており

梅雨の明ける7月頃から脂が乗り始め

最も美味しい時期となります。