節分の塩いわし

2月に入り、昼間は少しずつ暖かな日が増えてきました。

季節も節分を過ぎ春がもうすぐそこまで

やってきていると感じています。

日本では西日本で節分にいわしを食べる習慣がありますが、

いわしを焼いたときに出る煙で、疫病や災いなどを追い払う

という意味があるそうです。

DSC_2148.JPG私も塩いわしを焼いて頂きました。

確かに煙がぶわあああーーー!!っと出て

何度もファイヤアアアー!!していました(笑)

お外で焼いて大正解でした。

程よい塩加減で、旨味たっぷりの脂がのっていて、

とても美味しかったです。

これでこの1年は良い1年になりそうです。

おわり