鮭の山漬け

私が家でよく食べる魚のうちの1つが鮭です。

焼き魚はもちろん、毎日作っているおにぎりの具によくしています。

鮭は身にも皮にもたくさんの栄養が含まれています。

ビタミンに鉄分、たんぱく質と多くの栄養を効率よく、摂取できるので、健康体をつくる上で欠かせない食材のうちの1つだと思います。

何より鮭は毎日食べても飽きないのが不思議~

ここ最近、「鮭の山漬け」をいただき、はじめてそのものの存在を知りました。

鮭の山漬けとは、冷凍技術が発達していなかった頃、保存食として使われていた北海道の伝統的な製法。

内臓を取り出し、お腹に塩を詰めた鮭を、塩と交互に挟む形で脱水、熟成させます。上下を入れ替えながら数日かけて塩漬けにします。

このように非常にコストと手間がかかるため、北海道の高級食材として貴重な品物です。

京都に住んでいるとなかなかお目にかかれない。。

有り難く、シンプルな焼鮭にしていただきましたが、脂がのっていてとても美味しい 皮まで美味しくて最後まで堪能させていただきました。

少ししょっぱいかな?と思っていましたが、塩加減も丁度良くご飯が進みました~

お茶漬けにして食べるのもいいかもです