本州最南端の地へ

先日、本州最南端の町・串本を訪れました。

 

紀伊山地の山の幸、熊野灘の海の幸が豊かな港町です。

近年話題の近大マグロの養殖もここ串本で行われています。

これから初鰹のシーズンになりますが、串本の名産「しょらさん鰹」は、ケンケン漁で行われる一本釣りで

とてもおいしいそうです。

しょらさん鰹の他にもトビウオやイセエビなどおいしい魚がたくさんです。

 

串本では舌で楽しむだけでなく目でも魚を楽しめます。

温暖な串本の海岸はサンゴ礁が広がり、ダイビングのスポットでもあります。

海中公園では珍しい熱帯の魚を観察できます。

 

京都から少し遠かったのですが、とても魅力的な町でした。